福田ブログ

地鎮祭が行われました。

ONE’S STYLE NISHIKAWA 営業・設計の福田です。

最近、梅雨の中休みなのか、明けたのか分からないくらい暑くなってきましたね。

暑い、寒いがつきものの建築現場ですが

真夏のような快晴の良き日に、下柏町にて地鎮祭を執り行いました。

 

地鎮祭の準備は、ONE’S STYLE NISHIKAWAと西川建設スタッフで手分けして

テントを設営したり、紅白幕を貼ったり、祭壇を組み立てたりと

たくさんすることがあります。

 

西川社長もしっかりお手伝いしてくれます!!

 

そんな中でも、最も難しいのが『盛り砂』です。

キレイな山型をコテを使い成型していきます。

 

 

ココ最近では、ONE’S STYLE NISHIKAWAのコーディネーターのアサミさんが毎回

砂山を作ります。

何でも器用にこなすコーディネーターです(笑)

 

右から左から、バランスを見ながら

お客さまが初めて敷地にクワ入れをされる場所なので、丁寧に作っていきます。

 

 

現場監理のコトリさんへレクチャー?しながら

キレイに仕上てくれました。

ご祈祷前には、手水を順番に行います。

施工者から順番に行います

今回の営業担当のマユミさん

 

設計担当のマイさん

 

現場の監理担当のコトリさん

トータルサポートで私、福田が営業・設計・工務をサポートさせて頂きます。

宜しくお願い致します。

 

  

敷地の四方を塩やお酒でお清めしたり

砂山にも鍬入れして頂きました。

Hさま、おめでとうございました。

完成まで、安全第一で家づくりを進めていきたいと思います。

 

 

余談ですが・・・

 

地鎮祭の前には、地縄張りを行います。

地縄張りとは、建物の配置を決めて頂く際にお家の壁が来るラインを

実際の敷地に落とし込んでいく作業です。

こんな感じで、玄関や窓の位置などもマーキングで書き込みます。

実際に見ると、ほとんどのお客さまが『なんかせまいな~』と仰られますが

実際に基礎や建物が建つと『思っていたより大きいなぁ~』と必ずおっしゃられますが

建築あるある、地縄マジックです(笑)

 

余談ですが、トランシットと呼ばれる機械でお家の90度(直角)を出します。

いつもと違い?真面目にトランシットをセットするケンタロウ。

現場監督の仕事も随分と身についてきました(笑)

 

長期優良住宅の認定許可も降りてきたので

来週より基礎工事の着工となります。

7/26には上棟予定ですので、またブログにてお家づくりの進捗をご報告させていただきます。

カタログ請求
電話をかける