半田ブログ

注文住宅の間取りの決め方とイメージづくりの方法とは?◎押さえておきたい2つのこと|四国中央市でお家を建てるなら、高性能住宅工務店ONE’S STYLE NISHIKAWA

>施工事例:想景~想いを景色に~

自由度のある注文住宅にとって「間取りの決め方」は、暮らしやすさや快適性などに大きな影響をあたえます。

注文住宅の住まいでは、家族が主に集うリビングの他にも、キッチンなどの水まわりや収納、生活設備、居室など、さまざまな空間があります。

間取りを決めるということは、これから建てる注文住宅でどんな空間が必要なのかを判断すること。

そして、その空間をどこに設置するのかを決定することなのです。

今回は、後悔のない注文住宅を作るために必要な間取りの決め方やイメージの固め方、押さえておきたいポイントなどをご紹介します。

ぜひこれからの家づくりにお役立てくださいね。

 

 


コラムのポイント
・間取りを決める上で押さえておきたいポイントの他に、後悔した失敗例や成功例をご紹介します。
・現在の暮らしと照らし合わせ、しっかりとこれから建てる注文住宅の住まいをシミュレーションしてみましょう。


 

 

注文住宅の暮らしをイメージする方法【間取りの決め方・作り方】

間取り図とは、住宅の部屋の配置を表したもので、部屋や壁などの仕切りの位置などを平面上で把握することができます。

注文住宅などでは、間取りの決定により暮らし方や快適性などさまざまなことに影響をあたえるため、慎重に考えなければならないのです。

 

間取りを決める上での基礎知識

間取り図

 

空間 記号
リビング L
キッチン K
ダイニング D
居室 R
ユニットバス (浴室) UB
クローゼット CL
ウォークインクローゼット WIC(WCL)
シューズインクローゼット SIC(SCL)
サービスルーム
(建築基準法で居室としての条件を満たしていない部屋や納戸)
SR

上記のようにアルファベットにより平面図に記載されており、ここでご紹介した例はほんの一例に過ぎません。

(ONE’S STYLE NISHIKAWAの図面には、お客さまが分かりやすいようにアルファベット以外の文字で、分かりやすくご提示しております。)

そこに集う家族構成やライフスタイルにより、必要なスペースや広さは変化します。

この空間で何をする、どんな用途にするなどイメージしながら、間取りを決めていきましょう。

 

注文住宅の間取りを決めるために考えておきたい2つのこと

いざ間取りを検討する場合、「どんな部分に注意したらいいのだろう・・・」と悩んでしまう方が多いでしょう。

ここでは、間取りを決めるためにきっかけになるポイントを2つご紹介します。

 

ポイント1:今の住まいの不満点を洗い出してみよう

新築の注文住宅では、新しい住まいにできるだけではなく、「欲しいのにないもの」「設備はあるけれど、足りないもの」などを補える部分は大きな魅力です。

間取りの決定に悩んでいる方は、まず今の暮らしの不満点や改善点を洗い出すことで、間取りへのイメージがつかみやすくなります。

  • ・モノが多くて、リビングが片付かない
→ リビング周りの収納を増やそう
  • ・キッチンが狭く、動きにくい
→ 敷地形状に合う、動きやすいキッチンスタイルを検討してみましょう。

また、パントリー収納など家事をサポートしてくれるアイテムを取り入れてみましょう

  • ・室内の物干し場がなく、リビングに洗濯物が・・・
→ ランドリールームやサンルームなど使いやすい設備をプラスしよう

上のように、不満点や問題点が明確になることで、それに対する改善ポイントを見つけることができるのです。

 

ポイント2:新築の注文住宅でどんな暮らしがしたいのかを考えてみよう

「広々したリビングが欲しい」「使いやすいキッチンにしたい」など、新しい住まいに対する希望や思いは人それぞれ違います。

新築の住まいでのイメージをより深めるために、その家でどんな暮らしがしたいのかを洗い出してみましょう。

  • ・そこに集う家族の人数は?性別の割合は?
  • ・趣味の部屋が欲しい、書斎が必要など、プライベートな時間の過ごし方は?
  • ・休日を過ごすとしたら、どう過ごすことが多い?
  • ・平日の夜、夕食後は家族で過ごす?個室で過ごすことが多い?
  • ・吹き抜けやスキップフロアなどの立体的な間取りは必要?
  • ・お洗濯を干す時間帯は?室内で干せるスペースは必要?

上のように暮らし方を洗い出すことで、どんな空間にどのくらいの広さが必要か、見えてきます。

例えば「家族はいつでもリビングに・・・」というご家庭であれば、リビング重視の間取りに力を入れる。

一方「個別の空間で過ごす時間が多い」ご家庭であれば、個室の広さや各スペースの収納力なども視野に入れつつ、環境を整える必要があります。

 

ONE’S STYLE  NISHIKAWAでは、色々なデザインの住宅が提供できるようお客様の想いをとことんカタチにするお手伝いをしています。

平屋・2階建て住宅・二世帯住宅店・舗併用住宅など、今まで培ってきた経験やノウハウをぜひあなたの家づくりに活かすことができます。

お気軽にお問い合わせください。

>お問い合わせ

実際に建てた後「ああすればよかったなぁ」と後悔につながるケースをよく耳にします。練りに練ったはずなのに、なぜ後悔につながるケースが多いのでしょうか。

次の項目では、実際に建てた後に後悔につながったケースから、間取り決定を成功に導く成功例を考えてみましょう。

 

注文住宅の間取り、後悔したポイントから学ぼう【成功実例付き】

玄関スペースをもっと考えればよかった・・・

玄関は家族の出入りだけではなく、大切なお客様をお迎えする大切な空間です。

しかし玄関は、リビングなど家族で過ごす空間より、注目度が低くなりがちで「つい、手を抜いてしまった…」という意見が多いのです。

後悔ポイント
  • ・収納力が足りず、モノがあふれてしまう
  • ・出かける時間帯が重なり、混雑してしまう
  • ・玄関が暗く、明るさが欲しい

玄関は自分たちが考えているより細々としたモノが多く、生活感がでやすい部分は注意点のひとつです。

取り入れてみたいアイデア
  • ・玄関収納やシューズインクローゼットなど、必要な設備を整える
  • ・高気密高断熱の性能の良いお家と換気システムを上手く取り入れる
  • ・土間が広い玄関を取り入れる

上記のアイデアを取り入れることで、快適性の高い玄関スペースにすることが可能です。

 

>施工事例:家族との時間もひと一人の時間も、大切にできる素敵がつまった平屋のお家

 

キッチンをもっと使いやすくつくればよかった・・・

家事の中でもキッチンは、そのスペースで過ごすことが多く、作り方により家事にかかる負担を変化させます。

以前はリビング、キッチンなど空間を分ける間取りが一般的でした。

しかし現在は、LDKなどお互いの空間をサポートし合うスタイルに人気が高まっています。

後悔ポイント
  • ・キッチンから発生するニオイが、リビング内に広がってしまう
  • ・キッチンがリビングから丸見えで、来客時に困ってしまう
  • ・収納力が足りず、だんだんモノが溢れてきてしまった

新築の注文住宅なのに、上のような困りごとや悩みが・・・というケースが多いのです。

取り入れてみたいアイデア
  • ・便利な位置に収納力のあるパントリー収納を設ける
  • ・ニオイなども気にならない24時間換気を上手く利用する
  • ・キッチンスタイルを自分たちの使いやすい形にする

上のように取り入れてみたいアイデアや工夫は、決してひとつではありません。

自分たちのライフスタイルに合ったキッチン空間を、選択しましょう。

 

いろいろなキッチンの施工事例がありますので、お気軽にご相談ください。

 

収納力が足りなかった、使いやすい場所に収納がない

収納に必要な広さは、ご家族ごとに異なります。

しかし使いたいが量が足りない、収納へしまいに行くのが面倒くさいなど不満が残っては、活きる収納とはいえないでしょう。

取り入れてみたいアイデア
  • ・出しやすく、出した後もパッと片付けられる収納をめざす
  • ・収納回数の多いモノ、年に1・2回しか出し入れしないモノなど、収納場所や広さに差を付ける
  • ・壁面収納など、インテリアに活かせる収納スタイルを取り入れる

上記のような工夫を取り入れることで、生活感丸出しのリビングを回避する手助けになってくれます。

 

>施工事例:「光と影」素材を生かしたグレーのグレーの平屋-コーディネーターのお家

 

周囲からの視線が気になってしまい、くつろげない

間取りは、決して内側だけの問題ではありません。

周囲の環境を把握せずに間取りを決定してしまい、「道路や隣家からの視線を感じてしまう」という後悔につながるケースがあるのです。

せっかく建てた我が家なのに、ずっとカーテンを閉めなければならない間取りでは、閉塞感に息が詰まってしまいます。

取り入れてみたいアイデア
  • ・近隣の状況に合わせ、間取りを調整すること
  • ・窓の位置や大きさなどに工夫を取り入れること
  • ・ウッドフェンスなどの工夫

視線を防止する家づくりは、長く暮らす住まいにとって重要なポイントです。

 

>施工事例:男前インテリアが似合う平屋の家

紺色のガルバのお家は、相性の良い木目とマッチして、かっこいいお家に温かみを感じられます。

中庭など、視線を防止しつつ、快適性を損なわせない工夫が施されています。

 

上でご紹介した以外にも、下のブログで後悔しやすいポイントの対策法をご紹介しています。

間取りを決定する上で、参考になさってくださいね。

 

>ブログ:家づくりの具体的な失敗談【収納】

 

一般的な一軒家の間取に必要な広さの目安は?

家族構成やライフスタイルにより、必要な広さは異なります。

家族の人数によりどのくらいの広さが必要なのか、間取りの目安をご紹介します。

人数別に必要な住まいの目安
世帯人数別の面積例 最低居住面積水準
※1
誘導居住面積水準
※2
間取り
2人 30㎡ 55㎡~75㎡ 1LDK〜2LDK
3人 40㎡ 75㎡~100㎡ 2LDK〜3LDK
4人 50㎡ 95㎡~125㎡ 3LDK〜4LDK
  • 出典:国土交通省住生活基本計画における居住面積水準」より抜粋
  • ※1:最低居住面積とは、世帯人数に応じて、健康で文化的な住生活の基本とし、必要不可欠な住宅面積に関する水準。
  • ※2:誘導居住面積水準とは、世帯人数に応じて、豊かな住生活の実現の前提として、多様なライフスタイルを想定した場合に必要と考えられる住宅の面積に関する水準。

上の表の様に同じ家族構成であっても、広さや部屋の数には幅があることがわかります。

長い生活を送る上で、お互いにストレスのかかりにくい環境を整える参考として活かしていきましょう。

 

注文住宅を建てて、失敗したとならないために「相談ならONE’S STYLE NISHIKAWAへ」

注文住宅の建築は、正解への道が何種類もあります。

自分たちの頭や心に中にある思いをカタチにすることは、住宅建築の醍醐味でもあり、一方では難しさともいえるでしょう。

そのためその思いをカタチにするための建築会社選びは、成功を左右するといっても過言ではないのです。

 

ONE’S STYLE NISHIKAWAでは、お客様小さな声も聞き逃さずカタチにするお手伝いをしております。

あらゆるご相談への対応、そしてきめ細かいサービスと幅広いラインナップで、お客さまに合った理想の住まいづくりにお応えいたします。

性能も快適な、住み心地の良いマイホームを建てるなら、「ONE’S STYLE NISHIKAWA」にご相談ください。

 

お家づくりコラムも是非お楽しみに~

------------------------------------------

7月完成見学会情報

【ご予約受付中】「ペットと暮らすスローライフな平屋の家」妻鳥町新築完成見学会7/13(土)〜7/21(日)

 

詳しくはこちら➡   「ペットと暮らすスローライフな平屋の家」

 

------------------------------------------

【ご予約受付中】

HOUSE de NISHIKAWAお家づくり無料相談会 随時開催中

------------------------------------------

スタッフの家

 

スタッフ邸が見学ができるようになりました。

スタッフの住まい方や、インテリア、収納方法などご参考にしてください◎

スタッフの家 見学ご予約フォームよりご予約お待ちしております。

建てるまでの考えや、住んでみての感想やどんな想いでお家を考えたのかなど、質問に答えさせていただいております。

是非、お家づくりの参考にしていただければと思います。

クリック⇓⇓⇓

 

------------------------------------------

ONE‘S  STYLE NISHIKAWA公式Instagramでは、ROOM TOURを沢山投稿しております。

 是非フォローやいいね!、お気に入りには保存などもお気軽によろしくお願いいたします。

➡ 公式Instagram 

Tiktokも始めました♪

➡ 公式Tiktok

YouTube始めました♪

➡ 公式YouTube

クリックしてね

⇓⇓⇓

フォローやいいね♡をよろしくお願いいたします。

⇓⇓⇓

------------------------------------------

------------------------------------------

新築設計事業部: ONE’S STYLE NISHIKAWA

電話番号: 0800-200ー7124

新築工事・リフォーム・メンテナンス事業部: 西川建設株式会社

電話番号:0120ー58-4767

四国中央市で新築住宅を建てるなら、一度 ONE’S STYLE NISHIKAWA にご相談ください♪

四国中央市でリフォームするなら、一度 西川建設株式会社 にご相談ください♪

施工事例は→公式Instagram 公式ピンタレスト

カタログ請求
電話をかける